六郷一心フォーラム第2弾「ホツマ」に迫る


2015-05-21

六郷一心フォーラムの第2弾として、秀真伝(ほつまつたえ)をテーマにフォーラムを開催されます。

漢字が入るまで日本には文字がなかったとされていますが、このホツマ文字が古代日本の文字として存在した可能性を否定することはできません。

高島で発見されたホツマツタエとは、いったいどんな資料で、どんな意味を持つのかを、研究会の方から教えて頂きます。さらに、高島にまつわる記述について、ご紹介いただきます。明日のハイライトは、「ヱビスさんの故郷はユルギ神社である!」

開催日時は、明日5月26日(火) 15:00から16:30です。
場所は、新旭かばた館
参加費:無料 申し込み不要

内容は、六郷一心フォーラムの願いや第1弾の竹生島・伊吹山を仰いで
初日の出を拝した3月21日の報告。
海東英和からの県政報告。
そして、ホツマツタエをテーマに勉強会です。

ともに学び、話し合い、高島を元気にしていく種を見つけ、育てていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です